多くの高層ビル
マンションの外観

満足するためには

不動産売却は事前に知識を得て計画的に動けばスムーズに行なうことができます。相続や売却することもできるため、自分の条件に合った内容で取り引きが行なわれることで、売却する側も引き受ける側も満足することができます。

この記事の続きを読む

リビングルーム

売却の理由

マンション売却をする人の中には、仕事を退職した人、今後の生活に不安を感じる人などがいます。マンションを維持させることが難しい現在、損失が大きくなる前にマンション売却をする人も多いのです。

この記事の続きを読む

家

増加の傾向

ペットと一緒に暮らす人が多くなりつつある現在、ペット可とする賃貸物件も多くなってきています。特に都心部に需要があり、ペット不可と比べ費用は高くなりますが、年々ペット可の賃貸物件を利用する人が増えています。

この記事の続きを読む

白い家の折り紙

契約数が伸びる

分譲賃貸の中でも特に、タワ-マンションの人気が高くなっています。これは、分譲賃貸の傾向もあります。より良い分譲賃貸をリーズナブルな価格で取り扱うことで、契約数を伸ばすことができるためです。

この記事の続きを読む

敷金とは

マンションの外観

まず敷金とは、貸借人の賃料不払いなどの債務不履行等に備えて、その担保とするために、契約の際に貸借人から賃貸人に支払われる金銭のことである。では、敷金はいつ返してもらえるのでしょうか。ここで重要なポイントがありますが、まず賃貸人から敷金を不払い賃料に充当することはできないが、賃貸人からは敷金を充当することができるのである。そして目的物を明け渡した後でなければ敷金返還請求はできないのです。つまり目的物明け渡しと敷金返還は同時履行の関係にはならないのです。また、貸主が変更された場合には敷金は承継されますが、借主が変更された場合には敷金返還請求権は承継されないのです。このとき貸主の変更では、敷金から不払い賃料などを差し引いた金額が引き継がれるのです。

敷金については関東圏と関西圏で多少相場が異なるのである。そもそも関東では初期費用の際に敷金という名目で請求されることが多いが、関西では保障金として請求されるケースがほとんどです。汚れや欠損などにより賃貸物件の損傷がある場合に引かれるという部分に関しては一緒ですが、その残金全額が返還される敷金と違い、保証金はそこからいくらか差し引かれて返還されるのです。では敷金の相場ですがだいたい賃料の1から2か月分くらいが相場です。なかには敷金なしという物件もありますが、これは退出時にハウスクリーニング代など部屋の損傷や汚れに応じて別途請求されるケースがありますので、一概にお得というわけではないのです。敷金や保証金を最初に支払っている場合には、よっぽどの場合がない限り後から追加請求されるということはないですから、退去時に支払う金銭はあまり心配しなくてもいいでしょう。