景気に関係する

オフィス

土地の地価は、大都市圏を中心に上昇しています。 これは、アベノミクスの影響があると言われてます。 一方、大都市圏以外の地価は、それほど上昇していません。 これは地方にまだ景気回復の兆しが見えていないことを示しています。 地価によって景気が回復したかどうかを考えるのは短絡的すぎるかもしれませんが、一定の目安にはなるかと思います。 今後、地方都市で地価が上昇するかが注目されます。 地価の上昇や下落は不動産売買に大きく影響します。 2020年の東京オリンピックが決定して以来、東京ではマンションラッシュが続いています。 中には億を超すマンションもあり、注目を集めています。 不動産売買が活発化すると、景気に大きな影響を与えます。 今後の動向に大きな注目が集まるのは当然かと思います。

バブルが弾けて以降、地価は下落を続けました。 これは、長引く不況が不動産取引に大きく影響したことを示しています。 その地価が上昇に転じたのは、平成19年からですから、つい最近のことと言えます。 地価は、東日本大震災の影響で再び下落しましたが、平成25年には上昇に転じています。 地価の上昇や下降で一喜一憂するのもあまり良いことではないかもしれませんが、不動産取引の面からも、地価が上昇するのに越したことはありません。 不動産取引が活発に行われていると言うことは、景気の循環が良いと言うことが言えます。 住宅地は別としても商業地においては、不動産取引が活発に行われているかどうかが景気動向の一定の目安となります。 景気が良くなれば、不動産を購入し商売を始める。基本的にそうゆう流れとなりますので、特に商業地においての不動産売買件数が景気動向指数の鍵をにぎっていると言えます。