契約数が伸びる

白い家の折り紙

今最も売れているのがタワーマンションであり、その中でも分譲賃貸の契約数が伸びています。 なぜそうなっているのかというと、独身者向けの分譲賃貸では家賃の幅が狭く、10万円の家賃を超えるととたんに契約者数が伸びなくなります。 不動産会社も契約数を伸ばすために手頃な価格の分譲賃貸をできるだけたくさん売ることに力を入れており、都市部などでは分譲賃貸が好調に契約数を伸ばしています。 最近ではリフォームよりもリノベーションのほうがはるかに安く行うことができるとあって、分譲賃貸の場合はある程度経年数が経過した時にはリノベーションを行って賃貸物件としての勝ちを高める工夫がなされており、それによって賃貸物件の契約数を伸ばしています。

分譲賃貸というのは、分譲マンションの部屋を賃貸に出すことを指します。最近は一人暮らしでも分譲マンションを購入する人が都市部を中心に増えているので、そういった人たちが部屋を貸し出すことが多くなっています。 手軽に収益物件化することができ、さらにそれをサポートする会社も増えてきているので、今後一層活発になっていくと考えられている賃貸タイプの一つが分譲賃貸なのです。 個人で不動産賃貸のスタートを切りやすいですから、分譲賃貸は本格的に賃貸業を営みたい方のテストケースに用いられたりもしています。転勤の間だけ物件を貸し出してお金を得たいというときにも便利ですから、分譲賃貸は便利なものです。借りる方にしてみても、賃貸マンションよりも設備の整った部屋に入れるのでメリットが大きいのです。