増加の傾向

家

ペットと暮らす単身者が増えたことによってペット可の賃貸も急増しました。 その傾向は都市部で顕著であることから、多少高額の賃貸料を支払ってもペットと暮らしたいという利用者のニーズを受けて、中古マンションでもペット可のところが増えつつあります。 動物と暮らすことから臭いや汚れのことを考慮して賃貸料も上乗せされていますが、それでも一緒に暮らすことが出来る喜びには代えがたいものなのです。ペット可の賃貸物件は、通常の賃貸物件に比べると1.5倍以上の価格設定となっています。敷金や礼金も通常の物件よりも高額に設定されていますが、ルールを守れば安心してペットと暮らすことができるので、都市部を中心に需要が高いです。

人間の暮らしに、犬や猫などの動物は安心感やうるおいを与えてくれるもので、人と人とのつながりが希薄になってきている今、こうしたペットの存在が大きくなってきています。こういった点に注目して、これまでの状態では借り手がいなかった賃貸物件をペット可にすることで、新たな借り手を見つけるという賃貸物件が増えてきています。 すでにペットを飼っている人はもちろん、これから飼おうと思っている方にとっても、ペット可であるかどうかということは大きな問題になるようです。賃貸ということで、部屋の汚れや他の入居者などへの影響も気になるところではありますが、そういった点についてはきちんとルールを決めて周知徹底するということで解決できることが多いものです。 賃貸物件の新たな活用法として、こういった形態は今後も増えていくことが予想されます。